トップ / 求人応募の際のトラブル

求人応募の際のトラブル

求人票のポイント

仕事内容

求人応募するときの見方

応募する際には、求人票の見方にいくつかのポイントがあります。通常は、職務内容という仕事の内容が、具体的に記載されています。職務内容が具体的ではない場合や、不明な点がある場合には、求人応募の前に必ず問い合わせをして、不明な点を確認することが必要です。雇用形態に関しても、不明な点があれば必ず問い合わせをすることが、採用後のトラブルを避けるために必要です。特に面接の際には、具体的な雇用形態や給与面の質問をすることを、ためらってしまう人が多いのですが、採用された後に後悔するようでは、長期間働くことができなくなる場合もあります。

雇用形態にまず着目する

求人票の見方があります。自分が働きたい雇用形態にまず着目することです。正社員やパート、アルバイト、派遣社員など、形態が会社によって異なっているからです。ハローワークに行くと、端末システムで求人の検索をすることが出来、正社員、パート、派遣社員などの形態、週に働きたい日数、勤務地、給料を幾らくらい欲しいかなどの希望を入力することで、自分に合った条件の仕事を探してくれるので便利です。もちろん、こればかりではなく、自分で探すことも大切です。新聞の中に入ってくる折込チラシにも募集広告が入っているので、まず、雇用形態に着目してから探した方が希望の仕事を見つけやすいです。

↑PAGE TOP

© Copyright 自分の希望する求人内容. All rights reserved.