トップ / 企業が出している求人内容

企業が出している求人内容

求人情報の内容の理解

仕事内容

求人希望者の票の見方

仕事を探す場合に非常に重要な情報源となるものが、企業が出している求人票です。これには内容をコンパクトに纏める上で独特の表現があったり、必ずしも記載条件で雇用される面が保障されている訳では無いという面があります。従って求人希望時には、その見方や法的性質については知って置く必要があります。まず法的性質は、個々人の労働条件を示したものではありません。個別の条件は契約書等に基づく合意によって形成されるものであり、法的効力も優先する事から、実際の賃金が違ったりといったケースがあります。また独特の表現としては、月に1回以上2日休みの週がある事を週休2日制、全ての週が2日休みの場合を完全週休2日制と記すといったルールがあります。語感的には近似しているケースが多く、若干の注意が必要となります。

企業の条件や仕事内容

就職とは、企業と従業員が契約を結ぶことであり、双方が合意すれば契約成立という法的性質をもっています。その契約内容について記載されているのが求人票です。それをを正しく理解するためには、正しい見方を知る必要があります。例えば賃金は、基本給と手当の部分で分かれているのが一般的です。手当部分は、通勤手当など固定されているものもありますが、経験や歩合によって異なる場合もあります。また、賞与の金額は目安であり、実際の支給額ではないことにも注意が必要です。記載された賃金よりも、提示された賃金が低かったとしても、双方の合意があれば法的には問題ありません。希望する求人に応募する際には、条件や内容を細かくチェックしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 自分の希望する求人内容. All rights reserved.