トップ

自分の希望する求人内容

求人票を見比べる

仕事内容

求人チェックの際の求人票の見方

求人票を見比べているときに仕事の内容と同等に最も気になるのが賃金の欄ではないでしょうか。たくさんの中から希望の仕事を選ぶ際の重要なチェックポイントになります。求人票の見方を知って正しい内容を把握しておく必要があります。まずは賃金の制度を確認しましょう。月給制、日給月給、日給制、時給制などにより毎月の給料が異なってきます。月給制や日給月給制が安定的な収入を得られやすいですが、自分の希望する形態なのか重要なチェックポイントです。また基本給のほかに支払われる手当なども確認しましょう。表示されている金額が基本給だけなのか総額かによっても違ってきます。

賃金の制度を読み取ろう

会社の求人に応募する場合、入社後の待遇の概要を確認する必要があります。待遇の中で誰もが一番気になることは、賃金の制度であると考えます。賃金の制度の詳細は、入社後に配布される賃金規則がないと確認できない部分が多々あります。面接の際に担当者に直接聞くという方法もありますが、求人票の見方によっては大まかなことは読み取れます。まずは、基本給と時間外手当の内容を見て、基本給が時間外手当込みなのか、時間外手当は基本給とは別途支給なのかを確認することが大切です。それ以外にはその他の各種手当と基本給が別物なのか否かです。これらを読み取って面接時に確認すれば、実際に入社した後になって賃金面でこんなはずではなかったという思いをするリスクは大きく減らせるはずです。

↑PAGE TOP

© Copyright 自分の希望する求人内容. All rights reserved.